承認欲求の向こう側

最近、承認欲求の向こう側にいけないかどうかをちょっと考え中。

かつてはmixi、それからFacebook、Twitter、InstagramとかたくさんのSNSが出てきてなまじっか簡単にいいねしたりされたりができるようになったもんだから、欲する者としてはいいねしてほしくなっちゃう。

ブログ書くのにも技術系のことはこっちのブログに書いたほうがいいとか、何時に投稿したほうがいいとか、どういう形式に書いたほうが読まれるかとか、もうそういうのもありふれて普通になってて差別化できない。

なんかそういうものを考えずにどんどんなんか好きなように発信して、誰も読まなくても自分の糧になればいいと思っている一方で、ただそれなら自分のメモに書けばいいよねという話で、完全に矛盾してしまっている。まぁ、うん、何かしら誰かが読んだら嬉しいくらいの気持ちがちょうどいいのかも。

まずアウトプットでもなんでも、何のためにするのか考えるときに、承認欲求が満たされる以外のなにかで言語化できるとよさそうというメモでした。おわり。